海賊版アニメDVD追放へヤフーと日本動画協会合意

 日本最大のネットオークションであるYahoo!JAPANと日本のアニメーション製作業界団体の日本動画協会は、インターネットオークションに出品されている違法なDVDの排除のために相互協力を行い連携していくことを発表した。
 発表によると両者はYahoo!オークションを利用した知的財産権を侵害した商品の販売を防ぐため相互協力を行い権利侵害出品への対応方法を取り決めなど行う合意をした。また、発見・削除の連絡体制を強化や、出品物からの違法商品の排除するなどにより知的財産権保護を目指すという。

 ヤフーは現在でも出品ガイドラインの中で不正コピーされたアニメのDVDを禁止しているが、必ずしも守られていないのが現状である。これは、常時出品者数約600万点にも及ぶオークション出品数の多さに加えて、ヤフーの担当者が海賊版についての十分な知識を持っていないことが原因である。今回の相互協力の中には、日本動画協会及び会員会社によるヤフー側への違法商品の通知などが含まれている。
 正規の海外版の輸入DVDについては、輸入版CDと違い現在は禁止されていなため、正規版の海外DVDと海賊版DVDの違いはインターネットで落札する立場からも判り難い。業界自らが監視に乗り出すのであれば効果的である。しかし、Yahooと同様、人出が余っているとは思えないアニメ関連会社の力がどこまで及ぶか今後試されることになるだろう。
 また、ヤフーは、今回の日本動画協会のほか、日本雑誌協会、コンピュータソフトウェア著作権協会、日本音楽事業者協会ともそれぞれ同様の取り決めを行っている。